決める事が多く大変でしたが、インテリアコーディネーターの方も交えての打ち合わせで想像以上の家が出来ました

土地にどの様に建物を建てるのかという事から打ち合わせが始まり、車をどの様に駐車するのか庭をどのようにしたいか等から工務店と決めていきました。

 

簡単な間取りの事しか考えていなかったので、そのような事から決めていくのかと思いましたが実際に考えていないと暮らしやすい家はできないのだなと思うところから始まりました。

 

また玄関ドアでもデザインが沢山あり迷いましたが、外装の屋根や外壁とトータルして色を選ぶ事と、中廊下の間取りなので明かりの入るタイプにした方がいい事などのアドバイスをしてもらいました。

 

キッチンは女性のインテリアコーディネーターの方が使いやすい仕様を沢山アドバイスしてくれてとても使いやすいセレクトが出来ました。

 

食器棚も家具屋で買うものだと思っていましたがキッチンと同素材でカウンタータイプに炊飯器や電子ポットの蒸気を排出するユニットを付けたり、オープン収納部に引き出し式のごみ箱を付けると便利だとアドバイスしてもらって、とても使いやすく満足しています。

 

また、建て始めてからの注文にも応じてくたのは、とても嬉しかったです。

 

リビングに棚が欲しいとお願いすると玄関ホール側に明り取りを付けてくれ、その中に強化ガラスで棚を作ってくれました。

 

玄関ホール側からも見える素敵な棚が出来ました。

 

私は、あまりセンスに自信がなく壁のクロスの柄も何を選んでいいのかわからず悩んでいたのですが一緒に選んでくれて貼分けるデザインの部屋も考えてくれて、とても素敵な壁になりました。

 

この様に決める事が沢山ある事すら分かっていない私達にも、分かりやすく説明しながらセレクトしてくれてたので想像以上の家ができたと満足しています。

 

また大地震があった時には、何も被害はなかったのですが様子を見に来てくれて心強かったです。

 

これだけ相談や打ち合わせの時間を作ってくれて丁寧に仕事もしてくれて、すぐ住めるように掃除も行き届いていたのにも感謝の気持ちで一杯です。

 

注文住宅を頼むなら、施主に寄り添ってくれる工務店がお勧めです

主人の希望で、注文住宅は友人の知り合いの工務店さんに依頼しました。主人の友人の家は、その工務店が建てたもので、と主人にとっても素晴らしい理想的な家だったようです。こんな家を作ってくれる工務店さんにぜひお願いしたいと頼んだようです。

 

 

 

しかし、私にとって主人の友人の家は殺風景であまり私好みではなかったので気が進みませんでした。主人と別の工務店の住宅展示場を見て歩きましたが、必ず希望どおりの設計と、お値段もかなりお安くできるからと押されてその工務店に頼むことに決めました。

 

 

 

家が出来るまでは、本当に楽しい毎日でした。あちこちの展示場に行って自分の家に欲しい情報をgetし、設計ソフトを買って設計に取り入れました。工務店さんにとっては、私達は注文が多い面倒なお客だったと思いますが、快く話を聞いてくれて2年かかって我が家は完成しました。

 

 

 

出来上がってから、確かに他で頼むよりかなりお安くできて良かったと思いました。しかし、安いには安いわけがあるのだと住みはじめて思うようになりました。確かに、すべて私達の考えた意見を取り入れた間取りや、素材にしていたただきました。しかし、素人が考える家の設計は不便なところが沢山ありました。思っていたより部屋が狭い、思っていたより使いにくいなどです。つまり、素人は空間のつかみ方や上手な利用法が分からないのですよね。

 

 

 

得に、私が欲しくてこだわった「アイロン洋裁部屋」は狭くて使えません。部屋の中央に巨大な机を置いて、アイロンかけ、ミシンを置いて裁縫、洗濯を畳む、くつろぎながらさ作業が出来る空間を望んでいたのですが、出来上がった部屋は身動きできないほど狭く、明かり窓がなく暗いものでした。今では納屋になっています。台所も西陽が当たり食材や調味料を置いておけません。選んだ壁紙も、子供がちょっとひっかくだけで剥けてしまいます。ローコスト住宅にしたのがちょっと失敗だったかも?

 

 

 

どうして、設計や素材を決める段階で言ってくれなかったのか。それは工務店が費用を安く抑える為だったようです。一生住み続ける住宅ですから、多少予算が高くついても先々の事を考え寄り添ってくれる工務店を選ばなければいけませんでした。その工務店さんは我が家を建築後、倒産してしまいました。その為、不具合箇所が出来ても直してもらうことが出来ません。

 

 

 

ただ、夫婦二人で2年もかかって一生懸命設計、建築した思い入れのある家なので、これからも大切に住もうと思っています。